子どものことをじゅうぶん考えた上で離婚を決めたか

離婚は子どものために思いとどまる場合と、逆に子どものためにあえて踏み切る場合があるのではないでしょうか。

つまり、子どもを片親にさせないために離婚しない場合と、仲の悪い夫婦では子どもに悪影響を与えるだけと考えて離婚を決意する場合です。

でもはっきりいってどちらが良いのかは誰にも分からないのではないでしょうか。

それはともかく、離婚問題が起ったら子供のことを考えない訳にはいきません。離婚が子どもにどんな影響を与えるのか、また離婚後も子どもを健やかに育てるためにはどうしたらいいのか、などを真剣に考えた上での決断でなければいけません。世の中には親の離婚によって不幸になる子どもはたくさんいます。

また離婚した夫婦の子どもは、その子も結婚したら離婚する、という、いわゆる離婚の連鎖が起る可能性が高くなることも頭に入れておかねばなりません。

親の離婚で子どもを不幸にしないためには

親の勝手な離婚で子どもを不幸にしてはいけません。子どもが小さければ小さいほど、片親になったときの衝撃は大きいはずです。両親が突然離婚して一方の親がいなくなると、子どもの心は寂しさで傷つきます。これを少しでもなくすためには親権者でなくなった親と接触を保つ機会をできるだけ多くする事です。

そのためには夫婦間で親権者でない方の子どもとの面接交渉権についてじゅうぶんに話し合っておく必要があります。

次に大切なのは子どもに物質的不自由を与えないためにも、親権者でない方の親は養育費をきちんと払わなければいけません。

またその額も一般的な水準より少し大目にするのが良いのではないでしょうか。物があふれた時代に育った今時の子どもに禁欲生活を強いることはよくありません。

例え離婚したとは言え、子どもだけには離婚前と同じ水準の生活を保証してあげなければいけません。